MENU

トラマツさんのPとある魔術の禁書目録2の実践が面白すぎた(右盤面釘の調整ネタが特に最高)w

当ページのリンクには広告が含まれています。
トラマツさんのPとある魔術の禁書目録2の実践が面白すぎた(右盤面釘の調整ネタが特に最高)w

当記事はトラマツさんの「新台ガチメーター」でのPとある魔術の禁書目録2の実践YouTube動画についてまとめています。この動画、めっちゃ面白かったwそしてPとある魔術の禁書目録2の打ち方に関して学びが多かったのでまとめてさせていただきます。

トラマツさんのテンションめっちゃ好きでよく見てますw色々(=右打ちパンク)あった禁書目録のガチメーター!ドゥルルルルルル、デン!!」(体全体使った表現めっちゃ面白いww)てことでどぞ!

最新パチンコパチスロ情報をブログ村で確認!萌えスロパチ大百科はパチスロパチンコカテゴリーでブログ村に参加中!
目次

トラマツさんのPとある魔術の禁書目録2の実践動画(新台ガチメーター)

上記YouTube動画がトラマツさんが出演されている「新台ガチメーター」という新台評価実践動画です。今回の回で藤商事から市場導入された「Pとある魔術の禁書目録2」を実践されているのですが、めちゃくちゃ面白かったので紹介します。上記YouTube動画を再生すればそのすべての内容が確認できますので、ご確認ください。

まぁ、動画サムネイルを見て分かる通り、トラマツさん「新台ガチメーター」の新台評価実践動画で「Pとある魔術の禁書目録2」の右打ちパンクさせちゃってますw面白くもあり、かつ、その右打ちパンク経験からパンク原因を考察されておられるので貴重です。

そもそもトラマツさんの「めっちゃパチンコ好きなのが動画から伝わってくる」ので動画視聴自体を激推しです!

トラマツさんのPとある魔術の禁書目録2実践動画のハイライト紹介

3000ボーナス(10R+10R)時の演出解説中にパンクさせてしまい「1500当り+非継続」にしてしまう

上記動画の13分あたりから資料すれば「トラマツさんのPとある魔術の禁書目録2での右打ちパンク現象」が確認できます。Pとある魔術の禁書目録2での右打ちパンク現象は2024年1月12日現在、多くのパチンカーの話題になっていますので動画を確認してみましょう!

この右打ちパンク現象はPリゼロ鬼がかりスペックで市場導入されるすべてのパチンコ機で起こりうる可能性があるので情報収集してた方が良いと思いますね。(要するに、C時短と特電作動口を利用した1種2種スペックのパチンコ機は要注意ってことですね。)

要所要所でPとある魔術の禁書目録2の立ち回り方を詳細に解説してくれるトラマツさん

上記YouTube動画ではPとある魔術の禁書目録2の立ち回り方についてトラマツさんが要所要所で詳しく解説してくれています。結論、めっちゃ勉強になりますね。また、トラマツさんが解説で使う言葉選びは非常に分かりやすく、納得感が得られます。「Pとある魔術の禁書目録2ならどの程度のストロークでハンドルをひねって打ちこむか」などのパチンカー的にタメになる話とか視聴できますよ。

トラマツさんの説明はとにかく理解しやすいんですよね(要所でマッチョ感出してくるのも面白いw)

Pとある魔術の禁書目録2の右盤面釘をいじり過ぎると「パンクニキ製造店」になるので注意www

今回のトラマツさんの「Pとある魔術の禁書目録2の実践動画」で一番面白かったのは再生時間40分タイミングから始まる「まとめ」のシーンです。パチンコホールがPとある魔術の禁書目録2の右盤面釘をおかしな調整にしてしまうと「右打ちパンクニキ製造店として認定されるよ」という笑いネタが動画全体を視聴して最高に面白かったですねw

上記YouTube動画の40分から始まる「まとめ」のシーンを最高に楽しみたい方はトラマツさんの「Pとある魔術の禁書目録2の実践動画」を初めから最後まで視聴されることをお勧めします。面白いだけでなく、自身の実践時のパンク対策にもなるのでお勧めですよ。

また、当サイト(萌えスロパチ大百科)では「Pとある魔術の禁書目録2で右打ちパンクする理由と対策方法を考察」しています。こちらも併せてお読みいただくと「Pとある魔術の禁書目録2で右打ちパンク現象」について知識が深まるはずです。併せてどうぞ!

それでは当記事はこのへんで終了!最後までお読みいただきありがとうございました!!当記事が面白かった方、変な奴がおかしな記事上げてんなと思った方は『下の大きなブログ村バナー』を押して萌えスロパチ大百科を応援してもらえると嬉しいです^^(また書くからね~)

萌えスロパチ大百科-にほんブログ村(パチスロ)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

萌えスロパチ大百科-にほんブログ村(パチスロ)へ

この記事を書いた人

パチンコ店のスタッフバイトを経験したのち、パチスロ専門店のスタッフバイトを経験。さらにパチスロ開発協力会社で働いたのち、パチスロパチンコメーカーで商品企画キャリアを歩んだ「パチスロパチンコが大好きすぎて沼に沈んだ人」。明るい話やニッチな話が大好きです。




コメント

コメントする

目次